ワードプレスのプラグインTinyMCE Advancedの導入と使い方

acer-791027_640

ワードプレスにはプラグインと言って、いろんな機能を拡張出来るツールがあります。

使う人が必要なプラグインだけを導入して記事作成などをしていきます。

最初は3つ程度しかないので、ほとんど自分で探して入れていく必要があります。

そこで、今回ご紹介するワードプレス用プラグイン「TinyMCE Advanced」ですが、

このプラグインは記事の中に表を入れたり、フォントサイズを調整したり、

画像、ユーチューブなどの動画を簡単に入れる事が出来る便利なプラグインです。

TinyMCE Advancedの導入方法

①ダッシュボードのプラグインから新規追加を選択。

プラグインの部分にポインタを当てると右に新規追加が表示されるのでクリックします。

1

②プラグインを追加というページの右上部分に「TinyMCE Advanced」と入力しエンター。

③「TinyMCE Advanced」が表示されるので、「いますぐインストール」をクリック。

2

すると、「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と表示されるので、「OK」をクリック。

④プラグインを有効化をクリック。

3

⑤プラグインの一覧に表示される。

⑥設定から「TinyMCE Advanced」をクリック。

33

⑦下の「Unused Buttons」の中から必要な物をドラッグ&ドロップで移動。

44

⑧必要なものを全て移動したら、右の上と下の部分にある「Save Changes」をクリックで保存します。

あとは、投稿ページから活用するだけです。

 

ボタンの中でおすすめな物をご紹介します。

・Background color(背景色)

・Insert/edit video(ユーチューブなどの動画を記事に挿入)

・Font Sizes(フォントサイズ)

などですが、必要だと思ったら入れて見てください。

table(表の作成ボタン)は「TinyMCE Advanced」を導入すれば、

自動的にメニューの中に入っているので、特にドラッグ&ドロップは必要ありません。

TinyMCE Advancedの使い方

TinyMCE Advancedの使い方は特に変わった事はありません。

投稿ページの上の部分に表示されているので、もともとあるボタンと同じように使います。

以上が、TinyMCE Advancedの導入と使い方でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ