リンクを送る時にリンク先を検索エンジンに読み込ませない方法

3bbb985faf5ee5afbd412cf6e4d00934_s

リンクを送る時にリンク先を検索エンジンに読み込ませない方法をご紹介します。

アフィリエイトで記事を作成する際に、

リンクを使ってリンク先を紹介することがあると思います。

以前よりもリンクを受ける側のウェブサイトの評価が上がる事は少なくなりましたが、

それでもグーグルの検索エンジンからの評価は良くなります。

ただ、リンクの送り先のウェブサイト(ホームページ、ブログなど)が、

あまり好ましくない場合や有料リンクだった場合などには、

リンクを送りたくないと思ってしまう事もあるでしょう。

かと言って、ただURL(http://www.◯◯◯◯.comなど)を記事に入れておくだけでは、

ウェブサイトに訪問してくれた方がリンク先を見たいと思っても、

クリックするだけではリンク先に移動出来ません。

いちいち、URLをコピー&ペーストしなければならないからです。

 

そんな時に、使って便利なのがnofollow/ノーフォローのタグです。

記事作成の時にワードプレスでは、

テキストを選びリンクの中にノーフォローのタグを入れておくだけで、

リンク先を検索エンジンに読み込ませないという方法です。

 

使い方はこんな感じ。

<a href=”リンク先のUEL” target=”_blank”>リンク先のURL</a>

↓  ↓  ↓

<a href=”リンク先のUEL” target=”_blank”rel=”nofollow”>リンク先のUEL</a>

ちなみに、「target=”_blank”」とは、リンクをクリックした際に、

今までのページはそのままで、新しくサイトが表示される事です。

 

検索エンジンに辿ってほしくないリンク先のURLの後に、

「rel=”nofollow”」を入れる事で、リンク先を辿らないようにすることが出来ます。

詳細は⇒グーグル Search Console

 

以上が、リンクを送る時にリンク先を検索エンジンに読み込ませない方法でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ